Sulzer Laboratory packing 略称ラボパッキン はスルザーが開発した小規模プラントおよび研究機器用の高性能規則充填物です。近年の商業用の充填塔では従来からの不規則充填物ではなく規則充填物が多く使われるようになっております。その主な理由として低圧損化(運転コストの削減)、処理量の増加(増産)、HETP性能のアップ(製品の純度向上)などがあげられます。



1.高い理論段
製品の高純度化や充填高さを低く抑えることができます。

2.高処理量
処理量の増加や小塔径にて設計できます。

3.充填密度が常に均一
充填する人や充填方法に左右されず全ての塔で安定的なデータを得ることができます。

4.1mm単位で製作可能
ID20mm程度の小塔径から1mm単位でお客様の塔に合わせて製作可能です。また、既設の塔や新設の塔どちらでも使用可能です。


ラボラトリーパッキンの詳細(PDF)>>

ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。